fc2ブログ
2008/09/11

和尚さんの訃報

          父方の祖父母と、私の両親が納骨されているお寺の和尚さんが
          亡くなったと知り、驚いた。30代だったのだ。

          その和尚さんは、祖父に当たる和尚さんの代りに
          確か高校生の頃から法要等でお経を上げていた。

          物心付いた頃からお祖父さんの傍に居て
          自然とお経を覚え、お坊さんになったそうだ。

          長寿だった祖父の和尚さん亡き後
          おそらく20代からお寺を守って来られた。

          小さなお寺なので、今後に関して悩んでいるようである。
          これ程若くして亡くなるとは考えていなかったであろうから。
  
          両親が他界した時にお話しさせて頂いたが
          霊的な内容も含め、解って下さる面の多いお坊さんであった。

          お寺が遠いのと体調が悪い為
          お墓参りにはしばらく行っていない。
          私にとっては、たまには来なさいという暗示にも思える。
          また、これから継いで行かれる和尚さんとも
          お話出来たらと考えている。



          話は変わるのだが…
          ここ何年か、主人公の余命が残り僅か―
          という設定の映画等が多くないだろうか。
          私はどうしても観る気になれないのだ。
          両親の事も昇華されていないところに
          私自身が新しい病気に罹患してしまったから。
          ある程度受け容れたとはいえ、不安は消せない。



ランキング応援クリック→お願い致します

コメント

非公開コメント

うちの

菩提寺の大和尚も昨年亡くなりました

秋の彼岸は両親と大和尚のもお参りしましょ。

お坊さんの説教結構好き

間も無く

こまちさん、お彼岸ですねえ。

ウチに関わりのある大きなお寺が金沢にあります。
しかし遠くてまだ一度も参った事がありませんi-181
父が他界した事も知らせてないんですが…。

お坊さんのお説教は未経験です。面白そうですね
i-234