FC2ブログ
2014/06/02

6月3日は母の命日―丸13年

もう14年目に入るんだなぁ~

8年寝たきりだったから20年になるんだ

健康な母を最後に見てから話してから


2014 05 27 通院4

深い確執や

看護介護のこの上ない厳しさは

忘れる訳もないけれど

全てが夢みたいな気もするなぁ


2014 05 27 通院5

母を知っている人は今近くにいない

だから思い出話をする事もない


それでいいんだ


            クリック応援お願いしますFC2 Blog Ranking
                            にほんブログ村 ライフスタイルブログへにほんブログ村

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 トラコミュ 家族の介護・お世話へ
家族の介護・お世話

コメント

非公開コメント

こちらは

明日、父親の四十九日で地元に戻ってきています。。


おまけに母親の月命日も重なりましたが。


それで面白い?のは父親は(葬儀の時もそうだったが)自分の遺影を通して表情で語りかける技?を持ち、
それに習うかのように母親も同じことをし始め、一方的ながら会話をしていました(笑っ)


明日は叶った旅立ちを願いますが、また改めてhilowさんの長い介護にお疲れを。。

こちらからもご両親のよき旅立ちを願っていますよ

おお

レイちゃん、四十九日でしたか。
お父様、色々ご苦労されたと思います。
これからはあちらで安心して頂きたいですね。

遺影を通して語れた事は良かったですね。
私の母は亡くなった後から葬儀までの間に
表情が和らいで行くのがわかりました。

労いをありがとう。
今ではいい経験をしたと思っています。
私がもっとしっかりして心配掛けないようにしないと
i-201