FC2ブログ
2010/10/13

入院(乳がん)した時

当然私には家族が来ない。
いないのだから決まっているが。

他の患者さん達には
結構よくいらしていたのだ。2010101123074548f.jpg

自分で予想していたより
寂しさは感じなかったが

皆さんがご家族と話している時
独りひっそりしていた。
動ける時間帯なら何処かへ行った。

これは私の宿命なのだ。
半分は自分で選んだ運命だし。

身内の事では苦しんだ。
鬱の原因や悪化の1つでもある。
だから両親が他界した後は
独りを選んだのだ。

それでもご家族のお話を伺えば
いいなぁと感じる時もある。

家族身内がいた時に
いない状態はよく判らなかった。
独りになったらよく解った。

元々一匹狼の自分なら
かっちょよく生きたいもんだ。



             ランキング応援クリック→FC2 Blog Ranking お願い致します!

                応援お願い致しますブログランキングへブログランキング

にほんブログ村 トラコミュ 病気との共存生活へ
病気との共存生活

*良かったね、チリ鉱山事故救出

コメント

非公開コメント

かっちょよく

気に入ったで~v-221
hilow坊、いこうぜ~v-15

ねー

ひとりさん、どうせ一匹蛸…狼なら
かっちょよくいきましょうぜ
e-281